2018年に初シングル「シンデレラガール」でデビューした「Kign&Prince」略してキンプリ。

その中のリーダーとして活躍しているのが岸優太さんです。

岸優太さんは歌が上手いと言われている他、

演技力も申し分なく、その上ダンスもできるイケメン。

ただ、少々天然なところがあるからか、バラエティ番組ではいじられキャラでもあります。

今回はそんな岸優太さんの学歴について調べてみました。

小学校から大学まで岸優太さんの気になる学校や卒アルもご紹介します。

岸優太の出身小学校は?

岸優太さんは埼玉県出身といわれており、よく川越市での目撃情報が多いことから

実家は川越市なのでは?と言われています。

スポンサードリンク

現時点で実家については詳細な場所は分からないため、

残念ながら岸優太さんの出身小学校の特定はできませんでした。

ですが小学校の卒アルはありました。

いかがでしょうか?すごく目がクリクリで絶対モテていたと思います!

こんな卒アルがあるにも関わらずいまだに小学校が判明しないのが不思議なのですが、

実は出身中学校が「川越市立初雁中学校」ということが、

同じ同級生からのSNS投稿で発覚していますのでそこから考えると、

岸優太さんが卒業した小学校は

「川越市立今成小学校」「川越市立川越小学校」「川越市立月越小学校」

のどれかが濃厚だと思われます。

 

 

 

岸優太の出身中学校は?

先ほどもご紹介したように岸優太さんの出身中学校は

「川越市立初雁中学校」ということが分かりました。

ただ岸優太さんの出身中学が判明したのかは同級生のツイッター投稿なんだとか。

岸優太くんと同じ小学校中学校なんだ俺ww

初雁中だよ。

有名人と同じ中学校だったら自慢したくなりますよね。

しかも今の時代、こういった一般人のSNS投稿で芸能人の過去が

すぐ分かってしまうのも本人からするとちょっと怖いかもしれませんね。

人間生きているといろんな過去がありますから。

ちなみに岸優太さんは中学校の時、2年生まで野球部だったそうです。

野球部といえば坊主ですよね。

これは今も昔も変わっていません。

きっと岸優太さんも坊主で部活に励んでいたのでしょう。

画像がないのが残念なのですが、坊主でもイケメンだったと思います。

なぜなら岸優太さんがジャニーズに入ったきっかけは、

彼のいとこが履歴書を送ったからなのだそうなのですが、その時の写真が坊主だったからです。

坊主でもジャニーズに合格したのでイケメンだったと言う事です。

ただ、卒アルは髪の毛が伸びていました。

スポンサードリンク

小学校と比べると、目元や鼻などといったパーツは変わっていないと思うのですが、

髪型が決まっていなかったのが残念なように思います。

卒アルって普段よりなぜかイケてない写真になるのは何故なのでしょう。

 

 

 

岸優太の出身高校は?

続いては岸優太さんの出身高校ですが、

「大宮光陵高校の普通科を卒業している」という情報が多かったのですが、

詳しく調べてみるとどうやら通信制の高校に行っていたという本人のコメントがあったことから、

多分実家近くの通信制の学校、

「飛鳥未来きずな高等学校」

「鹿島学園高等学校」

「KTCおおぞら高等学院」

「ヒューマンキャンパス高等学校」

「松栄学園高等学校」

「あずさ第一高等学校」

に通っていたのではないか?と言われています。

岸優太さんは中学生の頃にジャニーズに入ったのでこれからレッスンなどで忙しくなると踏まえて、

あえて通信制の高校にしたのかもしれませんね。

それに高校3年の時に「Sexy Boyz」としても活躍していましたよね。

やはり昔からイケメンなのは変わりありませんね。

高校生活は特に部活動などはしていなかったそうなので、

仕事を一生懸命していたのではないでしょうか。

 

 

 

岸優太の出身大学は?

そして最後は岸優太さんが通っていた大学なのですが、

実は岸優太さん、大学へは進学していないそうです。

もしかしたら大学の進学も考えていたのかもしれませんが、

高校3年の時に堂本光一さん主演の舞台「Endless SHOCK」の出演が決まったため、

これを機に芸能活動優先への道を選んだのかもしれません。

その選択は間違っていなかった事を示すかのように以後、

「仮面ティーチャー」

「近キョリ恋愛」

「お兄ちゃん、ガチャ」

「黒崎くんの言いなりになんてならない」

「Rの法則スペシャル 大江戸ロボコン」

と大学在学中の期間、次々とドラマや、映画、CMと目覚ましい活躍をしました。

特に「お兄ちゃん、ガチャ」では主演まで務めましたので

芸能活動を選んで正解だったのではないでしょうか。

そして2018年には待ちに待った「キンプリ」としてデビューし、今に至ります。

キンプリデビューから考えると下積み期間は9年という歳月をかけていますので

本当に頑張ってきたのだと思います。

きっと下積み時代は多くのジャニーズJr.が脱退していったのを目の当たりにしたと思います。

岸優太さんも大学に進学し、一般人として就職を考えた時期もあったでしょう。

ですが自分を信じて頑張ると夢は叶うという事を、身をもって教えてくれました。

きっとこういった事を含め、ファンの方々は岸優太さんの魅力に取りつかれているのでしょう。

スポンサードリンク