今回はジャニーズのアイドルグループ・KinKi Kidsのメンバー、

堂本剛さんの好きなタイプの女性像、また子役時代について詳しく調査していきます。

KinKi Kidsはデビューから20年、多くのヒットソングを生み出し、

特に堂本剛さんはその圧倒的な歌唱力で多くのファンを魅了しています。

堂本剛さんの今の好きな女性のタイプは?

アーティスト活動以外にも作詞作曲やイラストなど

様々な面でその才能を発揮しご活躍されています。

そんな個性的で独特な感性を持つ堂本剛さんの好きな女性のタイプとはどんな方なのでしょうか。

 

女性のタイプ~内面編~

堂本剛さんは、

B型の女性が自分には合うと思うと言っています。

スポンサードリンク

B型といえば世間のイメージ的には自分の意見がはっきりしていて、

自己中心的という少しネガティブなイメージがありますよね。

堂本剛さんご本人はAB型の天才肌。

実はAB型の男性とB型の女性の相性は意外と良いようです。

気難しい性格のAB型には、

逆に単純で自己表現がストレートなB型の女性の方が上手くいったりするようですね。

血液型以外にも、堂本剛さんは

すこし年上の女性で、よく笑う人、笑顔が綺麗な人

がタイプだと言っています。

しかし堂本剛さんも39歳になられたので、

年上の女性というのは今のタイプとは変わっているかもしれないですね。

年上が良いというよりは、自分が甘えられる人がいいそうです。

 

女性のタイプ~見た目編~

堂本剛さん自身の身長は166センチとあまり高い方ではありませんが、

基本的に相手の女性の身長は気にしないそうです。

むしろ自分より少し高いくらいの方がいいと言っています。

女性で166センチ以上となるとかなり長身ですよね。

足が長くスタイルの良いモデル体型の方が好みなのかもしれませんね。

また顔の作りは派手目より素朴な感じが好きなそうで、

色白の関西人ならばさらに良いといっています。

関西出身の堂本剛さんは相手も関西弁だととても親近感が沸いてリラックスできるようです。

 

 

堂本剛さんの恋愛観

堂本剛さんは若い頃に恋愛について

「偶然出会って、恋に落ちたい」

とコメントしており、とてもロマンチックな恋愛観を持たれていました。

今でも変わらず堂本剛さんは恋愛に対してロマンティックでとても真面目なようです。

付き合う前には、その相手の女性が、自分のことをどれくらい好きなのか、

自分の何をどこを好きなのか、本気で恋愛しようとしているのかを試すのだそうです。

女子力の高い堂本剛さんだからこそ、

相手の女性の考えていることもわかるそうです。乙女心に敏感なんだそうです。

 

 

堂本剛さんの将来の理想の家族像は?

奈良出身の堂本剛さんですが、こよなく地元・奈良を愛していることでも有名です。

将来は、広い庭の昔ながらの日本家屋に住みたいそうです。

そこに故郷、奈良の桜を植えて、四季が感じられるような庭にしたいそうです。

色んな話を聞いていると堂本剛さんは「和」が好きだということがわかりますね。

 

 

 

堂本剛さんの子役時代は?

今ではKinKi Kidsの堂本剛さんというイメージしかありませんが、

堂本剛さんは実はジャニーズ事務所に入る前から、芸能活動をされていました。

小学校の頃から、

大阪市北区にある児童劇団『劇団アカデミー』という劇団に所属し、

舞台やドラマ、CMなどを中心に子役として活動されていました。

子役時代の堂本剛さんの芸名は、堂本直宏(どうもとなおひろ)と言うそうです。

子役時代は芸名で活動していましたが、現在の堂本剛という名前の方が本名だそうです。

ちなみに相方の堂本光一さんも本名で、「堂本」という苗字は珍しいですが、血縁関係ではありません。

偶然にもデュオで珍しい苗字の2人が一緒に活動することになったのです。

2人は普段からとても仲が良くそれ故に本当に兄弟なのではとデビュー当時も噂になりました。

しかしご本人たちははっきりと血縁関係はなく双方とも本名ですと宣言していらっしゃいます。

 

 

子役時代の活躍ぶり

堂本剛さんは子役時代、

北島三郎の舞台では親子役で共演したり、

コマーシャルに登場したりしていました。

またドラマの分野では関西ローカルや、京都のサスペンスドラマなどに出演されていたそうです。

その中でも特に、大物芸人の

ダウンタウンさんが関西ローカル時代にやっていた『ダウンタウン物語』という番組

にダウンタウンの浜田さんの子供時代を演じる子役として出演していました。

子役時代の堂本剛さんの画像がこちらです。

スポンサードリンク

輪郭や顔のパーツにも面影があって今とあまり変わらないですね。

すごく可愛いですし、時代劇の髪型や衣装もとても似合っています。

子役時代からも、力まない自然体の演技力には定評があったそうです。

ちなみに子役時代の芸名である「堂本直宏」という名前の由来は、

堂本剛さんの姉の初恋の人の名前からとったそうです。

堂本剛さんはお姉さんと仲がいいですよね。

 

 

劇団を辞め、ジャニーズ事務所へ

堂本剛さんは幼少期に所属していた劇団を小学校5年生の時に辞めています。

本人は中学受験をしようと思っていて学業に専念するために芸能活動を辞めました。

しかし、小学校6年生の時に、母と姉が勝手に履歴書をジャニーズ事務所におくり、

当時大人気のアイドル光GENJIさんのコンサートに招待されたのだそうです。

堂本剛さんのお姉さんは、6歳歳が離れており、弟の堂本剛さんが可愛くて仕方がなかったのでしょうね。

再び芸能界で活躍する堂本剛さんの姿を見ることが出来るようになったのは、

当時履歴書を送ってくれたお母さんとお姉さんのお陰ですね。

しかし堂本剛さんご本人は当時はバスケットボールと中学受験に夢中で、

事務所に入るつもりはなかったそうです。

しかし母親に「断るにしても自分の口で言いなさい」と連れて行かれた

横浜アリーナでコンサートを鑑賞し、

その際に現在の相方堂本光一さんに出会い、共に事務所入りを決めたそうです。

奇跡的に苗字が同じなのもそうですが、先輩のコンサートに感銘を受け、

共に事務所入りを決めたことろまで、本当に2人は運命共同体なんだなと思います。

そして中学校は、地元の奈良で通いながら、

仕事のために中学時代は奈良と東京を新幹線で移動する生活を送っていたそうです。

 

 

 

堂本剛さんの笑顔がかわいい!

子役時代から活躍していた堂本剛さんですが、

その笑顔が39歳になった今でもとても可愛いと評判です。

まずは若い頃10代の画像から見ていきましょう。

まだあどけなさが残っていて爽やかな可愛い笑顔ですね。

次は20代です。この頃は多くのドラマで俳優とし活躍されていましたね。

子役時代もそうですが、堂本剛さんの演技力には定評があり、最近であれば銀魂の実写映画に出演し、

キャラクターの完成度とその演技を高く評価されていました。

そしてこちらが現在の堂本剛さんです。

昨年バラエティー番組「しゃべくり007」に出演された時の画像なので、当時38歳です。

昔から変わらない、目の皺がくしゃっとなって、口角の上がった無邪気でかわいい笑顔です。

そんな今でも変わらず少年のような無邪気でかわいい笑顔を見せてくれる堂本剛さんですが、

あるドラマの中で、その「悲しげな笑顔」が話題となりました。

 

 

堂本剛さんの「悲しげな笑顔」

2014年にNHKのBSプレミアムで放送された堂本剛さんと中山美穂さん

主演の「プラトニック」というドラマの中で、

堂本剛さんの演じた青年の見せる悲しげな笑顔に、切ないと絶賛の声が寄せられました。

ドラマの物語は、中山美穂さん演じる、

心臓病の娘を抱えるシングルマザーが、自殺志願者が集まるネットの掲示板に

「どうせ、死ぬなら、娘に心臓をください」と書き込み、

それに対する掲示板のコメントの中から、

堂本剛さんが演じる青年の「僕のハートを差し上げます」という書き込みを発見する

ところから始まります。

難しい役どころを演じた堂本剛さんですが、青年の心が、

中山美穂さん演じるシングルマザーと関わっていくうちに、

人間らしいものに変わっていく様子を見事に演じ切っていると、

共演者や視聴者から絶賛でした。

スポンサードリンク